コアユ釣り 第2戦 5月6日の状況

・・・・第2戦 志賀ラウンドの続き・・・・


私と、友人A氏はデモンストレーション (この日の1投目) に、早くも
ダブルでコアユを釣り上げ、ポイント選択の成功をかみしめています。

今日の状況なら、初挑戦のA氏も束釣りできそうです。

ここでA氏に竿を渡し、次々と釣ってもらいます・・・・
あれっ!?・・釣れない?・・・私には釣れてます。

どうやら、海釣りに慣れているA氏には、「 振り込む 」という動作が
難しいようです。確かに海では、竿下に落とすか、近くても横から投げる人
が多いです。
ヘラやバスなどをはじめとして、淡水全般では振り込むことが多いので
これは意外と見落としていました。

そこで、仕掛けを変更します。少し改造した二号負荷のウキを付けました。
これでコアユとの距離が生まれ、着水音が大きくても釣れるはずです。

ただし、ウキがついたため、振り込みがさらに難しくなります。
また、コアユとの距離をとり、トラブルを防ぐ目的で、ウキ下を浅くしているので、
サイズは上がらず、釣れ方に波ができます。


仕掛け変更後、第1投目。
大きな着水音と飛沫があがります・・・
予想よりも豪快な投入ですが、問題はありませんでした。
仕掛けを変更してからは、いいペースで釣れ続きます。
やはりサイズは10cm弱と小さめですが、A氏も時折ダブルで釣ります。
このラッシュで、当日最高連釣りの4尾を記録しました。

その後、少し止まってはラッシュという釣れ方を繰り返し、14時を迎えました。
ここでA氏が小休止に入ります。
そこで、しばらく実験を行うことにしました。

内容は、

①コアユ釣りはバスロッドでできるのか?
 ウキ釣り仕掛けをバスタックルで投げて釣る。

②コアユはどこまで近づいてくるか?
 渓流竿の脈釣りで、普段はやらない近場を釣る。

の2項目です。

まず、ひとつめの 「バスロッドでコアユ釣り」 の結果は、
ウキ釣りで釣れる状況なら釣れることがわかりました。
投入時のコントロールが難しいですが、新しく掛かりの良いハリを使って、
だいたい同じ距離に投げれば釣れます。
渓流竿と同様に、豪快なしゃくりを入れましょう。

次の、「コアユはどこまで近づくか。」の実験は、
2.5mくらいが限度、という結果になりました。2.5mよりも近づくと、
しゃがんでいても魚の視界に入っているようです。

この二つ目の結果が出ようとしている頃、A氏が戻ってきました。
ここでA氏は竿をバスロッドに持ち替えます。時刻は15時ごろでした。
そしてまた、波紋がいたるところに、ランダムに出始めたので、その波紋を
狙って仕掛けを投入します・・・

しかし釣れません。

そこで、コアユが警戒しているのか判断するため、渓流竿で脈釣り仕掛けを
投入してみます・・・するとすぐにかかります。
どうやら、ウキ釣り仕掛けのハリが痛んできたようです。脈釣りならば、少々
痛んでいても、しゃくったときにうまく掛かるのですが、ウキ釣りの場合は、
ウキの浮力+オモリの質量だけなので、うまく刺さらなくなってきます。

これは、針先をチェックしていてもわからないので、ウキ釣りでノリが悪い時には
迷わず変えた方が良さそうです。
もしウキ釣りと相性が悪い、あるいは待ち釣りになっていると感じる方がいらっしゃいましたら、
何年も同じ仕掛けを使っていませんか?
ハリス0.6号以上だと、ハリスもヘタらず、気づきにくいので注意が必要です。


そこで、仕掛けをワカサギ胴突きの2号に変えました。これで釣れないとマズい
ので、A氏と竿をチェンジして、少し私がやってみます。

この仕掛けに、コアユは飛びつきました。キツネバリなので、ウキ釣りの場合
少々ノリが悪く、バラシやすいのですが、問題なく釣れます。これでA氏も、
コアユが岸に沿って回遊し始めるまでは、快適なコアユ釣りが楽しめるでしょう。

ワカサギ仕掛けでも釣れることがわかったので、6.1mの渓流竿を勝手が悪そうに
振り回しているA氏と、竿を再度チェンジします。

その後、夕方が近づいてコアユの活性の上がり、岸に沿った回遊が始まるまで
2連、3連で次々に釣りました。

さらに時間が進むと、徐々に晴れ間が広がり、その頃からいつもどおり、回遊が
始まりました。時刻は16時半ごろです。
この回遊は、岸沿い(岸から3m~20mくらいの幅のあるライン)の水面近くを
左から右に回遊することが多いので、静かに仕掛けを投入すれば、すぐに
かかります。仕掛けが着水したところの周りには、ナブラのように激しく波紋が出て
時折コアユが飛び出します。
こうなると、すぐに釣れるので仕掛け変更はしませんが、もしかすると、ラセンは
仕掛けの上についていた方が釣れるかもしれません。
着水後、オモリが底に着くまでに20cmほどしゃくると、マキエの中に仕掛けが入り
さらに多連釣りができる可能性があります。
また、うまくしゃくって誘う必要がありますが、餌はなくても釣れるようです。


・・・・納竿 17:30 釣果 コアユ 8~13cm 推定150尾 。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック